スタディサプリを受験で使ってきた感想とおススメの使い方を解説

スポンサーリンク
勉強法

こんにちは。

今回は、受験生の2人に1人は使っていると噂のスタディサプリについて、私が受験期3年間でがっつり使用してきての感想と、おススメの使い方をご紹介します!

入会を検討している方、入ってみたもののあまりうめく使えないという方の参考になれば幸いです。

では順番に見ていきましょう。



スタディサプリを使用した感想

まず、私は以下のようにスタディサプリを使用していました。

・高1後半~高3受験後までの使用
・通常コース(月額1,980円)のみ
・テキスト購入なし(印刷のみ)
・高2の時点では主に物理、化学の未履修分野での使用
・受験期は国語、数学、英語、地理も使用

このような使用状況の元でお話をしていきます!

スタディサプリの良かった点


まずは私が実際に3年間使用してきてよかった点をご紹介していきます!

自分がどのようにスタディサプリを使って学習してきたかも紹介しているので是非ご覧ください。

コスパ最強の教材

まず、授業内容を加味しても、間違いなく月額1,980円は安いと断言できます!

だいたい2,000円前後の参考書や問題集を自分のレベルが上がるたびに買い足すということを考えれば、このスタディサプリに入って基礎を学習し、それ以上のレベルになった時に問題集を購入するという方法を取る方が結果的にお財布にやさしいと思います。

しかもこれだけで受験に必要な全教科をカバーできると考えれば本当に安いと思います。

月額制ということで、親はあまりいい顔をしないかもしれません。
また、一般的な教材や塾よりも生徒の自主性が求められるため、敷居が高いことは事実です。
(過去に進研ゼミなどの教材をねだって続かなかった人ならなおさら…笑)

しかし、なんなら自分のお小遣いの範囲内で支払うということもできてしまう金額ですので、ちゃんと勉強を頑張りたいという自主性の高い人は入った方がよいです。

無料お試しもやっているようなので、それを見てから決めるのもありですね。

しかも今なら月額980円になります、、、!

スキマ時間の勉強をより効率的にできる

スキマ時間でどこにいてもできる勉強の王道は英単語ですよね。

でも私は英語よりも化学や物理といった未履修分野の習得が最優先だと感じていたので、スタディサプリをどこでも流し見て、基礎項目を理解しようと努めていました。

スタディサプリは動画をダウンロードすることができる機能があるため、私は家を出る前にその日見たい講義を多めにダウンロードし、電車やその他の移動時間で通信容量を気にせずに見ることができました。

また、家にいてもやる気の出ないときにはスタディサプリを流し見ていました。

内容がしっかり頭に入っていたかといわれると微妙ですが、「勉強している」という感覚を得られて、やる気が出ないときに自己嫌悪に陥ることを防いでくれます。(個人差はあると思います笑)

どうしてもスキマ時間にできる勉強というのは限られてきてしまうため、スタディサプリを使って、どこにいても質の高い講義を見ることができるという点は重宝しました。

あまり入会前には想像していませんでしたが、このような使い方ができる点も個人的には非常に良かったポイントだと思います。

404 NOT FOUND | AtonBlog
勉強やその他様々なことを綴るブログです。

テキストにも抜かりがない

スタディサプリは、テキストを別途購入することが可能です。

しかし、購入せずとも家にプリンタがある方はダウンロードし、印刷することができます。

このシステムが非常によく、「しっかりとやるぞ」と意気込んだ講義に関しては完成度が高く使いやすいテキストを購入するのもいいですし、「ちょっと様子を見ようかな」と少しだけ受講してみる科目に関してはいちいち別途料金がかからず、ストレスフリーで受講することが可能です。

テキスト自体の完成度は授業にもよりますが、特に使用していて問題を感じるほどの難点はありません。

しいて言うなら、講義によってはテキストの途中にメモ用のページがいくつか含まれていることがあるのですが、印刷する場合それが邪魔だったかなというくらいでしょうか。


スタディサプリのイマイチな点


次に、実際に3年間使用してみて、「イマイチだな…」「もっとこうしたらいいのに」と思ったことをまとめました。

スタディサプリのデメリットに関して気になる方は悩みが解決するかもしれません。

講師が合わないとその科目全体が受けにくくなる

スタディサプリにとっては、これが一番の難点かもしれません。

一言で言えば、「合わない人には合わない」ということです。

スタディサプリの講師陣には、良くも悪くも個性的な授業を展開する講師がそろっています。

万人受けする講師というよりは、「はまれば最強にわかりやすい」というタイプの講師が多いです。

また、たいてい各教科一つのレベルにつき一人の講師のみが担当していることが多いため、その講師が合わなかった場合他の講師に変更する、といったことが難しいです。(講義のレベルまで変わってしまいます。)

どの塾や予備校にも言えることなのですが、中にはこだわりが強く、偏った知識を教える人もいます。

特に理系科目においては、表記のゆれや、使用していい公式など多くの懸念点がありますので、そこらへんをどう教えるかということにある程度の偏りが生じます。

そこで一般的に広く理解されていることよりも自分のこだわりを優先する講師が少し多いような気もしました。

ともあれ、もちろん内容として間違っているわけではないので、それで減点されるようなことはありません。

つまり、繰り返しになりますが「はまってしまえば最強」ということですね。

高い自主性が求められる

当然ですが、スタディサプリは基本的に動画を自分で見て勉強しなければならないため、他の塾や予備校よりも高い自主性が求められます

月額制なので、さぼってしまえばその分の料金は完全に無駄ということになりますし、塾のようにそれらを管理してくれるわけでもありません。

一応、月単位でどのくらい動画を見ているかというメールを親側に送る機能がありますので、心配な方は設定しておくとよいと思います。

また、動画を見ただけで問題は解けるようにはなりません、絶対にです。

動画という教材を利用して、あくまでも自分自身で問題を解いていく必要があることを忘れないようにしてください。

上手に使うことができそうかどうかは無料お試し期間にしっかりと見極めましょう。

おススメの使い方

机でがっつり受講する

テキストを購入するか印刷するかして手元に用意し、家でがっつりと受講しましょう。

講師の言われた通りにノートを取り、問題を解き、さながら授業のように講義を受けます。

この方法が一番オーソドックスで、しっかりとやればだれでも確実に実力の付く方法といえるでしょう。

難点としては、やはりどうしても一方方向の授業になってしまうため、一日に学校の授業とスタディサプリの授業をどちらも受けていると疲れてしまうかもしれません。

そういった場合は次に解説する勉強方法などで気分を変えてみることも大切です。

ダウンロードしてスキマ時間に受講する

こちらは個人的におススメの方法です。

見たい講義をあらかじめダウンロードする、ということは、今自分がどの分野を勉強しておりどの分野を今日学びたいのか、ということを把握することにもつながります。

これを把握しておくことは勉強において、客観的に自分の実力を把握するということの第一歩ですので、非常に重要です。

そして、通学や通塾のスキマ時間や、ちょっとペンを持ってがっつり勉強する気が出ないといったときに見ましょう。

この勉強方法は、主に「未履修の分野の基礎事項を理解する」ことにおいて効果を発揮します。

この状態で複雑な応用問題や、演習などはできませんので勘違いしないように注意しましょう。

学校で理解できなかった単元だけ動画を確認する

こちらもスタディサプリの使い方としては非常に効率よく、おススメの方法です。

スタディサプリの講座選択画面には、一つ一つの講義にしっかりと単元の名前が記載されています。(過去問対策など一部例外はあります)

ですから、例えば学校で『二次関数の最大と最小』を学び、それがうまく理解できなかったということでしたら、数学Ⅰの『二次関数』の分野の後半を探してその講義を受講すれば良いです。

そうすれば、しっかりとした受験生目線の講義を受けることができ、高確率で学校の先生よりもわかりやすい授業を受けることができます。

このような使い方で、学校の授業に後れを取らないようにすることも可能です。

結論:スタディサプリは、勉強の意欲のある人なら入って損なし

今回のまとめです。

スタディサプリは…
・安く高品質の授業を受けることができる
・どこでも質の高い学習ができるようになる
・講師が個性的なので無料お試しで見てみるべし
・やる気があれば入って損なし!

ということです!

実際私は通信制高校から国立大学に合格した経歴を持っていますが、3年間これにお世話になりっぱなしでした。

https://xatoblog.net/%e3%80%90%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87%e3%80%91%e9%80%9a%e4%bf%a1%e5%88%b6%e3%81%8b%e3%82%89%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%ab%e5%8f%97%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%a9%b1-60.html

それでは、皆さんの成績が上がりますように。